【 開梱 設置?無料 】 サンコー サンコー 先端360度ジョイスティック工業内視鏡 3M MDRCTBR33-顕微鏡。



★ サンコー サンコー 先端360度ジョイスティック工業内視鏡 3M MDRCTBR33 (MDRCTBR33)

特徴・機能 どんな商品?
スティック操作で先端カメラが360度スムーズに動く先端可動式6mm径内視鏡
MDRCTBR33


スティック操作で思いのまま、360度先端可動式のハイスペックモデルです。「先端360度ジョイスティック工業内視鏡」は先端カメラ径6mm・360度可動式工業内視鏡です。先端カメラはスティック操作スムーズに動き、思いのままに確認したい場所にカメラを合わせることが可能です。ケーブル長1MのフレキシブルケーブルはIP67防水機能搭載。また6段階の明るさ調整が可能なLEDライトでお好みの明るさで観覧・撮影が可能です。付属のAVケーブルで大画面のテレビなどに出力しながら、操作をしたり撮影した動画・静止画を確認することも可能です。※動画内の商品は以前のロットの物となる為現行商品とは色が異なります。感覚的でスムーズなわかりやすい操作感先端カメラ部は360度全方向へ動かすことができ、また150度まで曲げることが可能です。 操作は本体のジョイスティックより行うため、感覚的に操作できます。 わかりやすい操作感なので、見たいと思う場所へ簡単にカメラを向けることが可能です。先端カメラ径6mm、充実の機能ケーブル長1M、先端カメラ径は6mm。 360度全方向にスムースに動き、最大150度まで湾曲します。LEDライトは6灯で6段階の明るさ調整が可能です。 使用場所に合わせてお好みの明るさで観覧・撮影が行えます。 そして、ケーブル部はIP67防水機能搭載のため水気の多い場所でも使用可能です。また付属のAVケーブルで大画面のテレビなどに出力することができ、 TVへ出力しながら撮影や観覧の操作、撮影した動画・静止画の観覧が可能です。 大画面に出力した映像を大勢で一緒に確認することも簡単に行えます。各ボタン・その他の機能紹介操作に使用するボタンはわかりやすく、どなたでも簡単にご使用いただけます。 撮影ボタンは持ち手の裏側にあるトリガーボタンとなっておりますので、撮影もスムーズに行えます。本体左側面にはAV出力時に使用するAV-out接続口や充電やパソコンとの接続のためのmicroUSB接続口、撮影したデータを記録するためのmicroSDを入れる挿入口があります。

●本体サイズ:幅105×高さ245×奥行90(mm)●重量:392g(ケーブル含む)●電源:ACアダプタより充電(充電時間:約6時間)●バッテリー:リチウム電池(4.2V/3300mAh)●連続駆動時間:約6時間●ディスプレイ:3.5インチTFTディスプレイ●ディスプレイ解像度:640×480(VGA)●インターフェイス:AV-out、microUSB、microSD●画素数:45万画素●先端カメラ径:6mm●ケーブル長:3M●ピントの合う距離:10~100mm●視野角:120度●LEDライト:6灯 6段階調光機能付●照度:20000ルクス●ホワイトバランス:自動で調節●光度・彩度・コントラスト:手動で調節●湾曲角:最大150度●ケーブル回転角:最大360度●防水性:カメラケーブル部防水あり IP67●言語:日本語・英語など8ヵ国の言語に対応●画像サイズ:640×480(動画・静止画ともに)●撮影形式:動画…AVI/静止画…JPEG●対応SDカード:microSDカード(~32GBまで)●動作温度(本体):-10~50度●動作温度(ケーブル):-20~60度●動作相対湿度:90%(※結露しないこと)●ご注意事項: ※本製品は水道管や細いパイプの中などを観察、撮影するための機械となります。上記以外の使用方法でのご使用はおやめください。 ※本製品のケーブル部及びカメラ部は防水となっておりますが、バッテリーパックやモニター、それらに付随するケーブルは防水仕様ではありません。雨や水などがかからないようにご使用ください。 ※バッテリーを外すなどの分解は行わないでください。分解した場合は保証の対象外となります。●内容品:本体(ケーブル一体型)、HMDIケーブル(145cm)、microUSBケーブル(95cm)、カードリーダー、プラスドライバー日本語説明書●パッケージ: サイズ:幅460×高さ350×奥行き145(mm) 重量(内容品含む)3340g●保証期間:12ヶ月
















【ジュエリー】Cartier カルティエ ハッピーバースディ カフス SV925 シルバー 【中古】【s】









【 開梱 設置?無料 】 サンコー サンコー 先端360度ジョイスティック工業内視鏡 3M MDRCTBR33-顕微鏡

このページの先頭へ